オーソテック / Orthotics


オーソテックの処方の流れ

ステップ1 足の診断・検査
  • 症状の把握
  • 足の可動域の測定
  • Foot Posture Index (FPI)テスト
  • 2D歩行動作分析


ステップ2 3Dフットスキャン
  • iQubeフットスキャナーを用い、足の型を3Dスキャンします。
  • iQubeフットスキャナーの正確性:+/-0.4mm(2つのレーザーと5カメラが足のかかとの後ろまでスキャンします)。


ステップ3 データーの分析
  • まず、Moving Forwardフットクリニックの足科医によって、データーを分析します。
  • 分析したデーターをもとに、オーソテックの処方箋を作成します(オーソテックのタイプ、補正角度や密度などを決めます)。
  • 処方箋と3DスキャンのデーターをFootwork Podiatry Laboratoryに送ります。
  • Footwork Podiatry Laboratoryの足科医によって、データーをさらに分析します。

ステップ4 オーソテックの制作
  • ​Footwork Podiatry Laboratoryの精密な機械によって、オーソテックを制作していきます。
  • 職人によって、オーソテックのトップカバーを一つずつ制作していきます。
  • 制作されたオーソテックが、1−2週間以内にクリニックに送られます。

ステップ5 オーソテックの処方
  • ​オーソテックを靴に合わせます。
  • 歩行動作の確認